ひとひら 忍者ブログ

ひとひら

乙女ゲーム作品中心に雑食。男女カプ大好き。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Collar×Malice





かなり久々の更新です!!
風の章以降はもし神、ダンデビ、華ノ章、そしてカラマリをそれぞれコンプしてました!!
それぞれちゃんとコンプ感想書きたいけど予定は未定です…!それぞれちゃんと再プレイしてからまとめたいので結構かかりそうな…。


今一番熱いのはカラマリです物凄く面白かった…!!ドラマ4本観終わった後最後に映画を観たような感覚というか…凄い超大作でした凄い…。私の中では今のところ剣君と並んでツートップな評価ですカラマリ!!上のバナーから公式サイトへどうぞ~!!

ちなみに8月18日はカラマリの発売日であると同時にアムネシア5周年(アムネシア無印の発売から5年)でもありました!おめでとうございました!!カラマリと合わせてアムネシアもお勧めです!!スタッフさんも共通してる人が何人かいらっしゃいますし!

カラマリは、スタッフさんたちも題材もドストライクだったので、去年の夏に発表された当初からかなり期待していて、期待し過ぎていてもし期待値下回ったらどうしようとか思ったこともありましたが、実際にプレイしてみて私の期待値を軽く上回るほどの名作でした…!!世界観設定も絵もキャラもシナリオも演出面も音楽もかなり丁寧に作り込まれていて感動しました…本当に素晴らしかった!!

警察物と乙女ゲーム要素のバランスが本当に絶妙な匙加減で凄く良かったです。良い意味でどちらかに寄り過ぎてないというか。この匙加減結構難しいと思うので上手いことバランス取れてるなあと思いました。個人的には求めているバランスもドストライクでした!!
逆に言うと、がっつり警察物、もしくは甘い乙女ゲームのどちらか重視したものを求めている人にとっては物足りなさあるかもしれません。比較的甘さ控えめでシリアスなシナリオ重視の乙女ゲームを求めている人にはとてもオススメです!!個人的には思っていたより甘めだった気もしますが、微糖と言う感想も見掛けたので自分の感覚がよくわからなくなりました(笑) 確かにルートにもよるかも…?
信頼度パラをMaxにしたら好感度パラに移行するシステムなので、信頼関係を築いてからの恋愛過程という感じで丁寧で良かったです。


ここ最近はゲームプレイペース結構のんびりめで、たぶんそれぞれコンプまで一ヶ月くらいかかってた気がするんですが、カラマリは8月18日の発売日から始めて8月28日に本編コンプ、次の日におまけも全部見てトロコンしてました!続き気になり過ぎて夢中で進めてましたね。特にメインの柳さんルートは本気で徹夜しようかと思うほど続き気になり過ぎて…!!結局徹夜は断念して途中で寝たんですが、次の日は素で昼食食べるの忘れるほど夢中で進めてクリアしてました…ここまで夢中になったのは初めてかもしれないです。
警察物的な意味でも乙女ゲ的な意味でも終始ハラハラドキドキして、良い意味でこんなに精神エネルギー使い果たしたのかなり久々というか滅多にないので貴重な体験でした。たぶんサイコパス2とか劇場版サイコパス以来の感覚のような。

私はカラマリ発表当初からメインヒーローの柳愛時さん推しでしたが、実際にフルコンプしてみてやっぱり柳さん推しになりました!!もちろんみんな好きですけども…!サブキャラがかなり多くてみんな魅力的なのもずるい…好き…。
柳さんと市香ちゃんが私のツボを押さえまくっていて落ちないわけがなかったです…2人が一緒にいるだけでも常ににやにやしてた気がします好き…。愛市は運命。恋愛過程も今までプレイしてきた乙女ゲームの中で一番丁寧だった気がします柳さん×市香ちゃん。28歳×21歳の年の差を最大限に生かした恋愛とても良かったです良過ぎた…。私の推しカプ的な意味でも、剣君のつづかよとカラマリの愛市がツートップになりました!!
柳さんルート、さすがメインヒーローなルートで本当に素晴らしかったです!!メインヒーロールートであり真相ルートであり大団円という…メインヒーロー推しな作品最高ですね!!

カラマリのフルコンプ感想は近いうちにまとめるつもりです!




※「Collar×Malice」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。

拍手

PR

薄桜鬼 真改 風ノ章 フルコンプ 感想







薄桜鬼 無印のリメイク版「薄桜鬼 真改 風ノ章」、フルコンプしてましたー!!
10月9日から始めて11月1日にフルコンプ。毎日プレイし続けていたわけではないので、頑張れば2週間以内に終わってたかな?でも思っていたよりもかなりボリュームありました。
公式サイトへは上の千鶴ちゃんバナーからどうぞ!

薄桜鬼は私が乙女ゲームに興味を持つきっかけになった作品なので、とても思い入れが強くて大切で大好きな作品です。その薄桜鬼無印のリメイク版が「薄桜鬼 真改」ですね。
真改は二部作なので、私は評判見て良さそうなら後編出る時に一緒に買おうかな~くらいの気持ちでいたんですが、真改 風ノ章の感想を見てみたら二部作であること以外に特に酷評はなかったというか、むしろ素晴らしいリメイクっぷりらしく、結局後編出るの待てずに買ってしまったのでした。特に一番気になっていた山崎さんルートの評価が軒並み高くて…!!


今回の風ノ章は前編になります。鳥羽伏見の戦いが終わって船で江戸へ戻る辺りまでですね。ちょうどアニメ一期の最終話辺りまで。後編は華ノ章。華ノ章の発売日は、現時点だと2016年発売としか発表されていないんですがたぶん6月頃かな…?と私は予想。

風ノ章は序章~第五章(+終章)で、序章~第四章までが共通ルート、第五章から個別ルートです。
リメイク前の無印だと第三章までが共通ルートでしたが、真改ではかなり追記修正されたためか、無印での第一章が真改では第一章と第二章に分かれました。つまり、第二章以降は無印と真改で一章分内容がずれていることになってちょっとややこしいですが、行軍録が見やすくなっているので、リメイク前の無印をプレイした人もあまり混乱しないんじゃないかなと思います。
攻略キャラも増えて選択肢も増えたため、自力で攻略するのは結構難しいと思うので、個人的には最初から攻略サイトを参考にしながらプレイするのをおすすめします。
ちなみに、各ルート正規エンド(グッドエンド?)・悲恋エンド・バッドエンドの3エンドずつあります。トロフィーコンプも目指す場合は、正規エンドだけでなく悲恋エンドとバッドエンドの全回収も必須です。

何故今回二部作なのかというと、既存攻略キャラ6人のルートの加筆修正だけでなく、サブキャラからの攻略キャラ昇格3人(新八さん・山南さん・山崎さん)、新キャラ3人(伊庭さん・相馬くん・龍馬)のルートも追加されてかなりボリュームが増えてVitaソフトだと1本に収まらなかったからだそうです。というわけで真改では攻略キャラ12人(+ノーマルエンド)!多い!!
実際、共通ルート部分の多い風ノ章だけでも、フルコンプしてみたら結構なボリュームでした。後編である華ノ章は最初から個別ルートになるはずなので、前編後編合わせると本当に凄いボリュームになりそうです。


<真改でリメイクされた点について>
・既存の攻略キャラ6人のルートだけでなく、サブキャラからの攻略キャラ昇格3人(新八・山南・山崎)、新キャラ3人(伊庭・相馬・坂本)のルートも追加。サブキャラ(武田・三木・本山・野村・中岡)も追加。
・無印のファンディスクである随想録、前日譚である黎明録の内容も前提としてシナリオを再構成(随想録の日常想起・恋情想起イベントも挿入、黎明録での出来事についても語られる、等)。その他細かい部分も追記修正。
・BGMを全曲一新
・主人公のデフォルト名呼び機能追加
・既存部分も含め全て新たにボイス収録
・一度クリアしたルートは、行軍録から好感度調整をして好きな部分から始めることができるように

 ※現時点で修正パッチも配信されているので、詳しくは公式サイト参照

こんな感じですね。あと、キャラの衣装の色合いとか模様とかが微妙に変わっていたりとかも。
シナリオの追記修正に関しては、随想録や黎明録の内容だけでなくテレビアニメ版や劇場版の内容も上手く取り入れてあったと思います。薄桜鬼の総合プロデューサーの藤澤さんはテレビアニメ版や劇場版にも結構関わっていたようなので。
ルート追加や追記修正に伴ってスチルももちろん増えています!既存スチルはそのまま(色合いは微妙に変わっていたりする)に、追加スチルはカズキヨネさんではないですが、四季咲組さんがヨネさん画にかなり似せて描かれているので違和感はあまりないです。個人的には、違う人が描いていると知らされなければヨネさん画だと思ってもおかしくないと思います。わかる人には知らされなくてもわかってしまうかもしれませんが、それでも過剰に気になってしまうほどではないかと。

OPとEDに関しても、映像も曲も本当に素晴らしくて大好きです!!凄く好みです!!特にED曲の「常盤火」は、風ノ章だけでは物語が完結しないためか、今までのED曲とはちょっと違った雰囲気になっていると思います。映画の主題歌みたいな感じというか、まだまだ物語は続くような感じというか。「貴方の進む道に付いて行きます。貴方のことを支えたい」っていう千鶴ちゃんの決意がこもっている歌でほんと風ノ章に合い過ぎていて大好きです!!


既存攻略キャラのルートは、基本的に無印本編とほとんど変わらずに、その中に随想録イベントも上手いこと挿入されていて、風ノ章時点で一段落着けるように鳥羽伏見の戦いの後江戸に戻るあたりの描写が丁寧に加筆されていた感じでした。風間さんルートに関しては、無印の時はノーマルエンドのおまけ的な扱いだったのが、今回のリメイクでかなり加筆修正されていました。
昇格組のルートも新キャラのルートも、思っていた以上にしっかりと練られていてかなり惹き込まれるシナリオでした!無印発売後から、もしかしたらその前からずっと練っていたのかもしれないなあと思いました。

風ノ章だと鳥羽伏見の戦いが終わって船で江戸へ戻る辺りまでなので、乙女ゲ的な恋愛要素はほぼないままなルートが多かったですね。特に既存攻略キャラ組。風ノ章時点だと、お互いに恋愛感情抱いているのかすら微妙なルートは多いです。信頼関係はどのルートでもある程度は確立されていたとは思いますが。がっつり恋愛展開は後編の華ノ章で!!(それでも基本的に薄桜鬼は乙女ゲーム作品の中では甘さ控えめな方ですが)

新キャラ3人は序盤の方から主人公に結構好意的というかほぼデフォ惚れに近いキャラもいるので、比較的恋愛要素高めかな…?あくまでも薄桜鬼 真改 風ノ章の中では。特に龍馬は最初から結構グイグイくるので、龍馬ルートの恋愛要素の濃さは薄桜鬼の中では結構異色な感じがしました。
あと、山崎さんルートが予想外に甘い展開でしたね…!!一般的な乙女ゲと比べるとやっぱり甘さ控えめではあるんですけど、薄桜鬼 真改 風ノ章の中では糖度高めです!少年漫画っぽさも強いし、少年漫画っぽさと乙女ゲらしさが上手く融合していてバランスが良く、凄く山崎さんらしいシナリオ展開で本当に良かったですおすすめ!!乙女ゲとしては風ノ章の中で一番好きなルート。もちろん新選組物としてもとても良かったので総合的に一番好みなルートは山崎さんルートでした。
乙女ゲっぽさは控えめだけど新選組物としてよくまとまっていて凄く好きだなと思ったルートは土方さんルートと斎藤さんルートと相馬くんルートかな。相馬くんルートは後編でどんな感じになるのかまだわからないですが、風ノ章だけでもかなり好みなシナリオ展開でした!後編も期待できそうです!!

ということで、個人的には不満点は二部作だということくらいです。これが1本のソフトに収まっていたら完璧でしたね。できれば主人公の千鶴ちゃんにもボイスが付いていれば…さすがにそれは贅沢過ぎるか。あと、悲恋エンドとバッドエンドに関してはルートによってシナリオの出来に差があるような気はしました。個人の好みの問題もあるとは思いますが。


一気に最後までプレイしたい人は真改 華ノ章が発売される時に一緒に買った方が良いと思います。でも前編だけでも結構ボリュームあって内容も素晴らしいので、気になる人は華ノ章発売前でもぜひ…!!風ノ章コンプ後に華ノ章に向けていろいろ予想したり思いに耽るのも楽しいですよ!!
私は真改プレイしてリメイク前の本編や随想録の再プレイをしたくなったし、未プレイだった黎明録もやりたくなってきました!!

恋愛描写がっつりあってお手軽な甘い乙女ゲーム作品がやりたい人にはあまりおすすめできませんが、侍の生き様に寄り添って支える女の構図が好きな人・ボリュームがたっぷりあってシリアスなシナリオ重視な作品が好きな人にはとてもおすすめです!!


では、以下ネタバレありの感想ですので注意!!


拍手

・・・続きを読む

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Grace note Vol.1~Vol.3 感想

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Grace note、要はキャラCDですね!すべて発売されましたー!!7~9月までの毎月1枚ペースだったので、毎月楽しみで充実してました!!
上記の公式サイトで各イメージソングの試聴ができて、声優陣のインタビュー記事も読めます。

Vol.1が鷹斗&理一郎・Vol.2が寅之助&終夜・Vol.3が円&央で、それぞれ「ミニドラマ 現代大人編(各2人ずつ+撫子ちゃんは声なし)」・「シチュエーションドラマ(ゲーム本編各ルート後の高校生編と壊れた世界編の2種類ずつ)」・「キャラクターイメージソング(各キャラ1曲ずつ)」が収録されています。
現代大人編ミニドラマは、みんなでタイムカプセル掘り返した後のお設定。つまりは撫子ちゃんが誰とも付き合っていない設定です。ミニドラマという割には普通にそれぞれ30分くらいの長さで結構充実しています。ちなみにシチュエーションドラマは各8分前後くらい。

全てにおいてクオリティ高いので、CZファン必聴です!!これ聴かないのはほんともったいないですよ…!!ミニドラマはもちろん、シチュエーションドラマもちゃんとストーリー性高くて良かったです!イメソンのクオリティの高さもさすがです!!

アニメイト 全巻連動特典CD「壊れた世界の座談会」も凄く面白かったので、ぜひこちらも聴いていただきたい…!!
確かこの特典CDはなくなり次第終了だったと思うので、入手可能かどうかは購入されるアニメイト店舗に問い合わせてみてください。


では今回は先に総評を。一応詳細なネタバレはしてないので、まだ聴いてない方でも大丈夫だと思います。


◆総評
やっぱり現代編でも壊れた世界編でも寅之助&終夜の親友っぷり素敵だし、英兄弟の仲の良さも素敵で愛おしいですね。
……鷹斗&理一郎は……壊れた世界編だと確執大きくて大変だね…。
現代だと良きライバル、でいいのかな。現代でも複雑な関係性な気はします。親友であり最大のライバルでもあり。

シチュエーションドラマは各ルート後のお話でした。シチュエーションドラマなのでシチュエーション重視なのかなーと思いきや、きちんとストーリー性もあって掘り下げも結構深かったので、ゲームのボーナストラックに収録されていても全然違和感ない感じの内容だったと思います!あまりストーリー性のないのは興味ないという人にもぜひ聴いていただきたい…!!
音声のみなせいか、キスのリップ音は増し増しでしたが(笑) あと、一部アダルトっぷりも増し増し。この辺はシチュエーションドラマならではかも。
結局、一番のアダルト枠は寅之助なのか円なのか央なのか…?終夜も何気にやることやってる感じだし…。CZメンバーはみんな恋したら情熱的ですからね!!でも撫子厨筆頭の鷹斗と理一郎はなんやかんやで一番ピュアなんですよね。特に鷹斗。それで上手いことバランスとれてるのかもしれません。あ、でも理一郎はピュアというよりむっつりかな…?(笑)

現代大人編のミニドラマは撫子ちゃんが誰とも付き合っていない設定(おそらく未来への物語エンド設定)なので、この設定での各々の撫子ちゃんへの想いやキャラ同士の関係性もより深みが増していて良かったです。
鷹斗&撫子&理一郎だと三角関係の恋がテーマ、寅之助&撫子&終夜だと親友・親愛な絆、円&撫子&央だと家族の絆+気になる女の子がテーマかなと。
撫子ちゃんが誰とも恋愛関係になっていない設定のお話は全て繋がっているという解釈でいいんですよね…?ゲーム本編の未来への物語エンド設定で。この設定の特典冊子のSSとかドラマCDとかと話繋がってる感じもするので。
やっぱりこの設定が一番しっくりくるかもしれない…けど撫子ちゃんがいつまでも誰とも恋愛しないのも不自然な気もするしうーん…。難しい…!
というわけで、ますますこの結末に辿り着くまでの物語が見たくなりました…!!未来への物語エンドへと向かうまでの道のりを見たい!!主に壊れた世界での経緯が気になります!このエンドだと撫子ちゃんはどういう経緯で元の世界に戻ったのかなあ、とか。そして未来への物語エンドからの個別ルート分岐もやっぱり見てみたい…!!

イメージソングは本当にどれもそのキャラにピッタリでクオリティ高くて素晴らしかったです…!!
個人的にはそのキャラを演じている声優さんが歌うキャラクターソングよりも、アーティストさんが歌うイメージソングの方が好きなのでとても嬉しかったです!CZは女性ボーカルがとても合うなあとも思っているのでそこも嬉しかった!
できればインストも入れてほしかったですがボリューム多過ぎて入れられなかったみたいなので、各イメソン&各イメソンのインストと、Vita版で追加されたBGMや挿入歌をまとめたCDもぜひ出していただきたいですね…!!待ってます!!


では、以下詳細な感想です!
最後にアニメイト 全巻連動特典 オリジナル特典CD「壊れた世界の座談会」の感想も載ってます。ネタバレ注意!



拍手

・・・続きを読む

CLOCK ZERO 各キャラの英文とタロットの番号まとめ

公式アートブックに載っていたものですね。英文の意味とタロットカードの番号の意味についても調べてみました。
英文については、結構有名なことわざばかりのようです。「I do not need the world if you are not there.」だけはCZオリジナルかな?

タロットカードのそれぞれの詳しい意味についてはサイトによって微妙に解釈が違ったりもしたのでどれを参考にしようか迷ったんですが、主にWikipediaから引用させていただきました。他にも調べてみて追記してみたものもあります。解釈は本当にいろいろあるようなのでぜひ調べてみてください…!

それでは以下、一応ネタバレになるのでご注意ください!!


拍手

・・・続きを読む

CLOCK ZERO 各エンドまとめ&考察



CLOCK ZEROの各ルートのまとめ・考察や疑問点等をレポートっぽくまとめてみました。
※今後も追記修正していくかもしれませんが、自分用メモでもあるのでとりあえず公開しておきます。


CZのコンプ感想前編(作品紹介、理一郎ルート・円ルート・寅之助ルート感想)はこちら
CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ ExTime フルコンプ 感想 前編

コンプ感想後編(央ルート・終夜ルート・鷹斗ルート・サブキャラED感想、総評)はこちら
CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ ExTime フルコンプ 感想 後編


以下、ゲーム本編と公式ビジュアルファンブックとドラマCD「Nobody knows the world ~誰も知らない世界~」のネタバレ満載なのでご注意ください…!!


拍手

・・・続きを読む

剣が君 for V フルコンプ 感想







剣が君 for V、発売日の3月26日からプレイして4月17日にフルコンプしてました!!ようやくコンプ感想です!少しずつ書き進めてはいたんだけど、続編決定発表される前に書き終えたかったね…!→
Vita版はPC版の時よりもゆっくり進めようと思っていたけど、実際はそんなにゆっくりペースでもなかったかも…?PC版は2週間くらいかかってVita版は3週間くらいかな。全く進めてない日もあったので、プレイ日数は実質もう少し短いです。


剣が君 for V 公式サイトはこちら→剣が君 for V 公式サイト
では、まずはVita版の追加要素について。

・前章に攻略キャラとの二人きりの場面追加(旅の途中と駿府に着いてからのイベント)
・各キャラクター4つずつの結末全てに後日談追加(攻略キャラ6人×4エンド=24個)
・追加スチルが55枚!!(差分含めず)
・OP曲ED曲をそれぞれ一新(PC版のOP映像は、どれか一つEDを見たら動画鑑賞で観れるようになる)
・キャラクターボイス付きのおみくじ機能搭載、キャラや自分の誕生日にお祝いコメント
・おまけの人物詳細にメインキャラの特別ボイス追加、サブキャラクターも新規追加。動画鑑賞(新旧OP映像・各ルートのED映像)追加。
・主人公の名前をデフォルトの「香夜」にすると名前を呼んでくれる機能搭載(追加シナリオ部分だけでなく既存部分も全て!)

本当に移植作品とは思えないほどの追加要素の多さ!!本編部分も結構追記修正されているし!Vita版のCZ感想でも同じようなこと書きましたが、本編+FDと言っても過言ではないボリュームです!!
私は、OP曲はPC版、ED曲は剣ルートのも君ルートのもVita版の方が好みでした。歌詞に関してはどれもPC版の方が好きかな。でも全曲好きです!!
サントラ、PC版・Vita版それぞれの主題歌CD、キャラソンCDやドラマCD等もよろしくお願いします…!!画集も素晴らしいです!!
個人的にはPC版からのVita版がおすすめです!Vita版でこんなに追記修正されててこんなに追加要素あるのか…!と感動するのでぜひPC版も…!!

あと、修正パッチが配信されているので、ダウンロードするのを忘れないようにしてください…!!パッチを当てないと、既読部分なのに既読スキップできない時があったり、トロフィー反映されないことがあったりしてやや不便です。逆に言えばやや不便というだけなので、パッチを当てなくなくても大きな支障はないとも言えますが。


既存部分の感想についてはPC版プレイ時の感想記事で。→ 剣が君 フルコンプ 感想

それでは以下、Vita版での追加要素部分の感想です。主に追加後日談について。がっつりネタバレしているのでご注意ください…!!



拍手

・・・続きを読む

祝!! 剣が君 新展開!!





Rejet 27時間 TV 夏祭り、お疲れ様でした!!
本当に27時間観続けていた方々もいたようで凄い…!!私は、観たいのは大体リアルタイムで観れましたが、後日改めていろいろ観直したいです。
合間合間の Rejet ショッピングでの「適正価格~♡」と「都合がいい~♡」が凄く頭に残ってる(笑)

そしてその中でも新作発表会!!サプライズ多過ぎてビックリしましたが面白くて楽しかったー!!
特に剣が君関連!!今年の3月にVita移植されたばかりなので、今後展開あるとしてもまだまだ先かなーと思っていたので完全に油断していました…!
二重唱(デュエットソング)CD発売だけでもびっくり嬉しかったのに、続編決定まで…!!
あとは新作グッズに画集第二弾に、という新情報満載で…!!ありがとうございます!!どこまででも付いて行きます…!!

続編以外に関しては、さっそくある程度の情報が発表されていたり予約開始されていたりするんですが、続編に関してはまだ「続編決定」としか発表されていないので続報待ちですね。
「続編」ということはFDとはまた違うのかとかよくわかりませんが、何が来ても楽しみです!!
さらなる後日談+おまけ要素でも、世界観設定そのままでキャラ一新でも、なんでも来いです!

個人的には、香夜ちゃん主人公で攻略できるのは今の6人だけでいてほしいなとは思っていますが、剣君制作陣なら納得させてくれる作りにしてくださると思うので、もし香夜ちゃん主人公のままで攻略キャラが追加されても、たぶん最終的には納得できる……といいなあと思います。

展開するペース速過ぎると言ってるファンも見掛けましたが、別メーカーさんの乙女ゲーでVita移植とFDの発表時期がほぼ同時だった作品とかもあるので、私はむしろ剣君はほど良いペースな気がしました。剣君の続編発売は来年ってことでいいのかな…?延びても構わないので、続編も良い作品になってほしいなあ。

個人的には舞台化とかアニメ化とかコミカライズとかノベライズとかなんでもウェルカムなので、今後もいろいろ展開し続けていってくれると嬉しいです!

拍手

プロフィール

HN:
美夢
性別:
女性
自己紹介:
乙女ゲーム作品中心にゲーム・アニメ・漫画等について語っています。

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログ内検索


剣が君 エスカ&ロジーのアトリエ公式サイトはこちらへ!
※「Collar×Malice」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。
Copyright ©  -- ひとひら --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]